タスク
既存のタスクのデータをバックアップできますか?

ベーシックプランやプレミアムプランを利用している場合、LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)より前に提供していたカレンダーのタスク機能(既存のタスク)のデータは、ブラウザでバックアップ*1できます。

 

データのバックアップは、カレンダーから既存のタスクに切り替えると表示される、上部バナー内のリンク[カレンダー内タスク機能終了のお知らせ>]をクリックして表示される「カレンダー内タスク機能のデータバックアップと新しいタスクへの移行について」で実行*2できます。

 

以下の注意事項を確認し、既存のタスクのサービスが終了(2021年5月末予定)されるまでにデータのバックアップを行ってください。

 

データバックアップの注意事項

  • データのバックアップは、サービス終了までに実行してください。サービス終了後は、データのバックアップはできなくなります。
  • モバイル版アプリではデータのバックアップは提供していません。
  • バックアップデータはExcelファイル(*.xlsx)で出力されます。タスクは最新の登録日の順で出力されます。
  • 進行状況やグループに関係なく、タスクリストにあるすべてのタスク(マイタスクや共有タスク)をバックアップできます。
  • 既存タスクのデータの容量が多い場合は、エクスポートの完了までに時間がかかる場合があります。
  • データのバックアップは、何回でも行えます。回数に制限はありません。

*1  フリープランやライトプランを利用している場合、LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)以前はタスク機能を提供していないため、データのバックアップはできません。
*2  LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)より前に提供していたカレンダーのタスク機能を使用していなかった場合や、バックアップが不要な場合は、実行する必要はありません。

 

関連情報

 

関連キーワード:旧、古い、以前の、データ移行

 

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。
リスト一覧