タスク
既存のタスクのデータを新しいタスクに移行できますか?

ベーシックプランやプレミアムプランを利用している場合、LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)より前に提供していたカレンダーのタスク機能(既存のタスク)のデータは、新しいタスクへ移行*1できます。

 

データの移行はモバイル版アプリとブラウザで「カレンダー内タスク機能のデータバックアップと新しいタスクへの移行について」から実行*2できます。

 

以下の注意事項を確認し、既存のタスクのサービスが終了(2021年5月末予定)されるまでにデータの移行を行ってください。

 

データ移行の注意事項

  • データの移行は、サービス終了までに実行してください。サービス終了後は、データの移行はできなくなります。
  • データの移行は1度だけ実行できます。また、データ移行前に戻すことはできません。
  • データの移行後は既存タスクを編集しても、既存タスクの更新内容は新しいタスクへ同期されません。
  • 共有タスクは移行できません。新しいタスクに手動で作成してください。
  • 既存タスクのデータの容量が多い場合は、データの移行完了までに時間がかかる場合があります。
  • 既存のタスクの通知機能など、一部の項目は新しいタスクに移行できません。移行内容の詳細は以下の表を確認してください。

 

各メニューの移行内容詳細

存のタスク 新しいタスク
作成日 データの移行日が作成日として表示されます。

例: 5月1日にデータ移行した場合、移行したデータの作成日は全て5月1日で表示されます。

重要 :引き継がれません。
:引き継がれます。
タイトル タイトルと内容は統合されます。移行後のタスクのタイトルは太文字で表示されます。
内容
グループ グループ名は内容の本文に表示されます。
依頼者 依頼者と担当者は自分に設定されます。
担当者
完了日 引き継がれます。
繰り返しタスク 繰り返しで作成されたタスクは、日付別に個別に生成されます。ただし、データの移行日より後に生成が予定されている繰り返しのタスクは、新しいタスクでは生成されません。
例: 5月1日から5月31日までの毎日の繰り返しタスクを5月15日にデータ移行した場合、5月1日から15日までに作成されたタスクは新しいタスクに移行される。5月16日以降は新しいタスクには生成されない。
進行状況 開始前/進行中:「進行中」になります。
完了:「完了」が引き継がれます。
通知 引き継がれません。

 

*1  フリープランやライトプランを利用している場合、LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)以前はタスク機能を提供していないため、データの移行はできません。
*2  LINE WORKSバージョン3.0(2021年2月リリース)より前に提供していたカレンダーのタスク機能を使用していなかった場合や、データの移行が不要な場合は、実行する必要はありません。

 

関連情報

 

関連キーワード:旧、古い、以前の、バックアップ

 

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。
リスト一覧