管理者
MX レコードの設定

MX レコード (メールサーバー) 設定とは、お客様で保有するドメインで電子メールを利用できるようにする設定のことです。

LINE WORKS のメールサービスを利用するには、運用中の DNS で MX レコードの値を設定し、LINE WORKS と連動させる必要があります。つまり、MX レコードを設定すると現在利用中のメールを LINE WORKS に連動して使うことができるようになります。

  • MX レコードとは、メールの配送先のメールサーバーを示すレコードです。この情報をもとにメールをどこのメールサーバーに届ければ良いかが決定されます。
  • ライトプラン、またはご利用のメールを LINE WORKS に変更しない場合は、MX レコードの設定変更は不要です。

ご注意:DNS の設定で、異なるメールサーバーの MX レコードが混在すると、メールが期待するメールサーバーに配信されない可能性がありますのでご注意ください。

DNS に「MX レコード」を設定する

運用中の DNS に以下の情報を設定します。

  • 管理者画面のメニューバーに表示されているメッセージから[MXレコード連動確認]をクリックします。「MXレコード連動確認」画面の「STEP2」に表示されているMXレコードの「ホスト名」「MXレコード」「優先順位」の値を確認し、DNSに設定します。 TTL は「3600」を推奨します。
  • ホスト名はLINE WORKS のドメイン所有権確認時に入力した名前と同じです。空白でも問題ありません。

 

管理者画面で MX レコード連動確認

DNSにMXレコード設定完了後、[MXレコード連動確認]をクリックします。

 

「MX レコード設定」および「MX レコード連動確認」の詳しい説明については、以下の情報を参照してください。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。
リスト一覧