管理者
[ドメイン所有権確認] その他ホスティング会社をご利用の場合

LINE WORKS で利用するドメインのDNS(ドメインネームシステム) 設定画面で、「TXT レコード」または「CNAME レコード」に LINE WORKS 管理者画面から確認した値を設定することで、ドメイン所有権を確認します。

LINE WORKS メールを使用する場合は、「LINE WORKS メールの有効化」その他ホスティング会社をご利用の場合を実施することで、ドメイン所有権確認とメールサービスを利用するための設定をすべて完了することができます。

注意: その他ホスティング会社でドメインを取得した場合でも、DNS 運用を別のサービスで行っている場合には、以下の手順を実施せず社内システムを管理する担当者へご相談ください。

設定方法

  1. ドメイン取得をしたホスティング会社の WEB サイトで、アカウント情報を入力してログインします。
  2. DNS レコードの編集に関するメニューに移動し、対象ドメインを選択します。
  3. LINE WORKS の管理者画面から確認した「TXTレコード」または「CNAMEレコード」の設定値を DNS レコードに設定します。
    • TXT >レコードの場合
      • ドメインを管理するサービスの DNS 設定画面で TXT レコードの値を入力します。
      • ホスト名、TTL の入力項目が無い場合や、すでに値が設定されている場合には入力・変更は不要です。
    • CNAME レコードの場合
      • ドメインを管理するサービスの DNS 設定画面で CNAME レコードの値を入力します。
      • TTL の入力項目が無い場合や、すでに値が設定されている場合には入力・変更は不要です。
        ホスト名 /
        サブドメイン
        ドメイン所有権確認画面で表示されたホスト名を入力します。

        • ドメイン所有権確認に TXT  レコードを使用する場合は、空白可。
        • サブドメインを使用する場合には、サブドメイン部分を入力します。
        タイプ「TXT」または「CNAME」のどちらかを選択します。。
        TTL3600
        ドメイン所有権確認画面で表示された「TXT値/アドレス」または「CNAME値/アドレス」の設定値を入力します。
  4. DNS 設定完了後、LINE WORKS の管理者画面で「ドメイン所有権確認」の操作を行ないます。

確認方法

DNS 設定完了後、LINE WORKS の管理者画面で [ステータス確認] をクリックします。所有権が確認できた場合は、「ドメインの所有権の確認が完了しました。」が表示されます。表示されない場合は、時間をおいて再度お試しください。最長で 72 時間ほどかかる場合があります。

リスト一覧