管理者
DKIM を手動設定後、DMARC 使用時の注意事項

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance) とは、受信側がなりすましメールを受け取ったときの動作を、送信者側で制御するための技術です。LINE WORKS の SPF レコードを登録し、DKIM を手動設定すると DMARC を使用できますが、DMARC 運用時には下記に注意してください。

DKIM 設定変更時の DMARC ポリシー

DKIM の手動設定する場合、変更後の設定がドメイン管理サーバーに反映されるまでの間、LINE WORKS の基本 DKIM 設定が適用されます。この期間に送信されるメールは、署名の情報とドメインサーバーの情報が異なるため、DKIM 認証に失敗してしまいます。

そのため、LINE WORKS では DKIM 設定の切替期間(設定が反映されるまでの間)は、DMARC ポリシーで送信メールがブロックされないように設定することを推奨しています。

 サブドメインのアドレスからのメール送信

現在 LINE WORKS の手動 DKIM 設定は、登録されたドメイン (メインドメイン) に対してのみ適用されます。

サブドメインのアドレスからのメール送信時、「worksmobile.com」という基本 DKIM が適用されるため、この期間に送信されるメールは、署名の情報とドメインサーバーの情報が異なり、DKIM 認証に失敗してしまいます。ご注意ください。

 

リスト一覧