管理者
送信ドメイン認証 – SPF レコード

LINE WORKS からのメールをうまく受信させるためには、ドメインに SPF レコードを登録しておくことをお勧めします。

LINE WORKS の SPF レコード : spf.worksmobile.com

 SPF レコードの設定例

DNS の TXT レコードに値を登録します。

“v=spf1 include:spf.worksmobile.com ~all”

SPF レコードを利用している場合には、SPF レコードの値を送信ゲートウェイの IP アドレスに修正する必要があります。

例)「v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:spf.worksmobile.com~all」 ここで、「xxx.xxx.xxx.xxx」は、送信ゲートウェイの IP アドレスになります。

送信ドメイン認証とは

送信ドメイン認証とは、送信者のメールアドレスが正規のものであることを証明する技術です。そのメールアドレスのドメインを見て、それが正規のサーバーから発信されたものであるかどうかを確認する仕組みです。

SPF レコードとは

SPF(Sender Policy Framework) レコードとは、ドメインからのメールの送信を許可されているメールサーバーを特定する、ドメインネームシステム (DNS) レコードの一種です。

受信メールサーバーは、メールの From アドレスから取得したドメイン情報を基に、その DNS レコードを参照し、SPF レコードの値を照合することで、送信元アドレスを偽装した迷惑メールでないかどうかを判断することができます。

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他
貴重なご意見をいただきありがとうございます。
リスト一覧