テーマ別質問
ブラウザ版でトークを正常に利用できない(ワンクリック診断)

ブラウザ版トークを利用時にエラーなどが発生し正常にご利用いただけないときに、問題の切り分けや解決に役立つ情報をご案内します。

 

ブラウザ版のシステム要件
ブラウザがLINE WORKS利用時のシステム要件を満たしているか確認してください。

 

ブラウザのキャッシュやCookieによる影響
トーク画面が最新の情報に反映されないなどの不具合が発生した場合、ブラウザのキャッシュ(インターネット一時ファイル)やCookieを削除して問題が解決するか確認してください。

 

他社製品ソフトウェアの影響
他社製品のソフトウェアがLINE WORKSサービスの接続に影響を及ぼす場合があります。端末にインストールされたウィルスや広告をブロックするプログラムが、LINE WORKSの通信を悪意のあるものと誤って認識し、制限することがあります。LINE WORKSサービスが利用出来ない場合、該当すると考えられるプログラムを一時的に停止し動作を確認してください。

また、他社製品のソフトウェアで「* worksmobile.com」を信頼済みサービスとして許可する設定を行ってください。

 

プロキシやファイアウォールの影響
プロキシとファイアウォールの設定により、LINE WORKSサービスの接続に影響を及ぼす場合があります。
LINEWORKSサービスはポート443を介して、ブラウザやアプリのトークサーバー間で継続的な接続を行うためにWebソケットを使用しています。ファイアウォールやプロキシは、これらの接続を維持するように構成する必要があります。 LINE WORKSサービスの接続が正常に行えない場合は、以下の内容を社内のネットワーク管理者に問い合わせ、プロキシやファイアウォールの設定を変更する事で問題が解消されるか確認してください。

  • *.worksmobile.comを許可してください。
  • プロキシがSSL復号化を実行していることを確認してください。なお、プロキシはWebソケットをサポートする必要があります。それ以外の場合は「*.worksmobile.com」をSSL復号化から除外する必要があります。
  • Mac環境で利用している場合は、PCのシステム環境設定でネットワークや高度なプロキシの自動プロキシ検出が無効になっていることを確認してください。

 

サーバーへの接続エラー
ブラウザ版のトーク画面で、「サーバーとの接続が不安定です」「ネットワークが不安定です」などのメッセージが表示され、メッセージの送受信が出来ない場合は以下を確認してください。

  • ウェブトークがロードされない場合は、ネットワークポート443のアウトバウンドTCP接続を許可するようにしてください。
  • ウェブトークがロードされてもエラーが引き続き表示される場合は、ブラウザ診断ページ*1にアクセスして接続テストを行うことができます。また、各サービスの稼働状態を確認するには、「サービス状態」ページを参照してください。

*1 ブラウザ診断ページを利用するにはログインが必要です。またモバイル環境には対応していません。

 

関連情報

 

関連キーワード:エラー、動作

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他
貴重なご意見をいただきありがとうございます。
リスト一覧