MXレコード不一致のため、メールを受信できません

MXレコード (メールサーバー) 設定とは、お客様で保有するドメインで電子メールを利用できるようにする設定のことです。

LINE WORKSのメールサービスを利用するには、運用中のDNSでMXレコードの値を設定し、LINE WORKSと連動させる必要があります。つまり、MXレコードを設定すると現在利用中のメールをLINE WORKSに連動して使うことができるようになります。

MXレコードとは、メールの配送先のメールサーバーを示すレコードです。この情報をもとにメールをどこのメールサーバーに届ければ良いかが決定されます。

ライトプラン、またはご利用のメールをLINE WORKSに変更しない場合は、MXレコードの設定変更は不要です。

注意:DNSの設定で、異なるメールサーバーのMXレコードが混在すると、メールが期待するメールサーバーに配信されない可能性がありますのでご注意ください。

 

関連情報

 

関連キーワード:不一致、受信

この記事は役に立ちましたか。
  • はい
  • いいえ
「いいえ」を選んだ理由をお聞かせください。
  • 説明の内容が間違っている
  • 説明の内容が分かりづらい
  • 利用環境に関する説明が足りない (例:モバイル版の説明がない)
  • その他

具体的なご意見をおきかせください。

貴重なご意見をいただきありがとうございます。

回答率93%!

実際に使用している人に質問してみましょう。