管理者
送信ゲートウェイ使用時の注意事項

送信ゲートウェイ使用時の注意事項について説明します。

LINE WORKS メールで送信ゲートウェイを設定するには、送信ゲートウェイを使用できる DLP などのソリューションを別途準備する必要があります。LINE WORKS では関連するソリューションを提供していませんので、必要に応じて、関連するソリューションプロバイダーに相談してください。

メンバー間の送受信

同じドメインのメンバーに送信するメールは、送信ゲートウェイを経由しません。

送信ゲートウェイは、主に外部へのデータ流出を防止するために使用されるため、同じドメイン内のメンバーへのメールは、送信ゲートウェイを経由せず受信者に直接送信されます。

送信ゲートウェイの受信設定

送信ゲートウェイには、LINE WORKS から送信されるメールや、お客様が使用しているメールサーバーから送信されるメールのみを受信するように設定してください。

送信ゲートウェイがあらゆるサーバーからのメールを受信できる「オープンリレーサーバー」の状態となってしまうと、送信ゲートウェイ経由のメールが迷惑メールとしてブロックされるなどの問題が発生する可能性があります。

LINE WORKS メールの受信確認

LINE WORKS から送信されたメールの受信有無を確認することができます。

メールが受信サーバーに到達した時点で、状態が「送信中」から「未読」に変更されます。 受信者がメールを開いた時点で、状態が「既読」に変更されます。

送信ゲートウェイを利用する場合、LINE WORKS からのメールが送信ゲートウェイに正常に到達した時点で、状態が「送信中」から「未読」に変更されます。

つまり、送信ゲートウェイを利用する場合、LINE WORKS からのメールが送信すると、受信メールサーバーではなく送信ゲートウェイに送信することになりますので、「未読」状態は送信ゲートウェイから受信メールサーバーへ送信する状態を含めます。

DKIM の有効性

LINE WORKS から送信されるメールが迷惑メールとしてブロックされることを防ぐために、LINE WORKS では DKIM を適用しています。しかし、送信ゲートウェイでメールの件名、内容、添付ファイルなどが変更されると、LINE WORKS の署名が無効になります。

送信ゲートウェイでメールが変更される場合は、送信ゲートウェイで再度 DKIM 署名を追加することを推奨します。

SPF レコードの設定

SPF (Sender Policy Framework) レコードとは、電子メールに表示される送信者の情報と実際のメールサーバーとが一致することを確認するための認証技術で、迷惑メールをブロックするために多くのサービスで SPF レコードの情報が活用されています。

送信ゲートウェイを利用する場合、受信サーバー側では、LINE WORKS の送信サーバーの IP アドレスではなく、送信ゲートウェイの IP アドレスを確認します。

そのため、SPF レコードの設定値に、LINE WORKS の情報を含める必要があります。

設定例)

“v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:spf.worksmobile.com~all”

ここで、”xxx.xxx.xxx.xxx”は、送信ゲートウェイの IP アドレスです。

 

LINE WORKS 送信サーバーの IP アドレスの詳細については、以下の関連情報を参照してください。

関連情報

SPF レコードの設定値の詳細については、下記の関連情報を参照してください。

関連情報

 

DKIM の詳細については、以下の関連情報を参照してください。

関連情報

リスト一覧